ランニングコスト

手術の様子

AED、救命措置を知らないと言う人でも名前だけは知っているという人も多いはずです。
これは自動体外式除細動機の略称で、電気ショックを与えることで心臓に刺激を与え、その機能を回復させる救命器具です。
その最大の特徴として動作がほとんど自動化されており、一般市民やその場を通りかかった人でも扱えるような設計になっていることや医療従事者や未経験者にも扱いやすい設計がこのAEDの最大の特徴です。
主に医療機関などに配備されるものではありますが、万が一のことを考えて一般の人たちにも使用可能な場所に設置されているケースが少なくありません。
学校やバスの車内、市役所、コンビニ、デパートなど多くの人が出入りする場所にも存在し、もしAEDを使用することになった場合も考え講習会なども頻度が高く行われており、この製品の高い有用性と医療福祉に限らず緊急時の救命器具としての効果も高いことが事実としてうかがえます。

日本では多様な場所に存在するAEDですが、かかる費用やその種類などはどういったものが多いでしょうか、登場当初は数十万円はザラだったのですが現在は三十万程度で入手できることが多く、レンタルになると月額数千円での設置も可能で、家庭に設置するケースもあるというから驚きです。
それだけではありません、諸外国では全で自動化されたものも存在しており実際の医療福祉の現場で活躍している事もまた事実です。
もしも、この全自動AEDが日本で流通したらどうでしょう。
これまでは誤った救命措置で死亡していた人も今後は助かる可能性がでてきますし、当然この機器そのものの有用性や利便性などを大きく引き上げることは間違いないでしょう。
もしも、のことを考える時代から、もしもを想定範囲内にしていく医療の時代。
未来の扉はもう目の前まで来ているのでしょう。