機能から選ぶ

AED設置画像

近年公共性の高い場所などへの設置が増えているのが、救命器具の一つであるAEDです。
これは、持ち運び可能で場所を取らないように考えられた除細動器です。
運動中や街中などで突然倒れた人がいた場合、その原因は脳出血や脳梗塞、心筋梗塞や心不全など様々な原因が考えられます。
一般の人がその原因を判断して応急処置をすることは、技術的・精神的に非常に難しく現実的ではありません。
しかし、このように街中で倒れてしまった人は多くの場合、倒れた直後の対応が予後を大きく左右することがわかってきました。
そこで開発されたのが、AEDです。
AEDは、一般の人にも非常に扱いやすく作られており、使用の適否さえも機械が判断してくれるので、安心して使用できます。

AEDの設置場所は、公共交通機関や病院、役所などを始め一般企業や人が多く集まる商業施設にも広がっています。
自動車免許取得時や自治体の救急救命講習などでも、AEDの扱い方について触れる機会が多くなっています。
それに伴い、今後は益々AEDの使用が一般的になっていくと予想されます。
とはいえ、まだまだ触ったこともないという人が多く存在するのが現実であり、自治体等による一層の啓蒙活動が必要とされています。
そして今後もう一つ注目されるのが、AEDの管理についてです。
設置数は増えていますが、AEDは定期的な保守点検が必要です。
いざという時に使用期限が切れているということが無いよう、設置後も継続的に管理していくことが求められています。