家庭にも導入

AEDを開いた画像

「AED」とは、近年急速に日本で普及している「自動体外除細動器」の略称です。
致死的不整脈を起こした場合や心臓がけいれんし機能が停止した状態などに使用できる救命器具です。
倒れている人に出くわした場合は、速やかにAEDを使用することで、命を救うことができます。
倒れている方に遭遇したら、まずAEDを用意しましょう。
パッケージを開くと、すぐに電源が入り、アナウンスが始まる仕組みになっています。
それに従い、電極パッドを備え付けの図に従って、対象者の胸に貼り付けます。
そうすることで、機械が自動的に倒れている方の状態を図ることができるのです。
ショックが必要であれば、引き続き機械が作動しますが、必要ない場合は電気が流れることはありません。

AEDを使用する際は、自動的にアナウンスが流れ、それに従う形で対応するため、難しい知識は必要ありません。
医療的な知識のない一般市民でも十分可能です。
しかし、AEDと同時に心臓マッサージを行うことで、より救命率が上がるとされています。
こうした一連の救命器具の使用方法や救命措置の取り方については、一般市民にも学びの場が用意されています。
救急医療に関する団体や消防に関する団体などが、定期的に講習会を実施しています。
また、都道府県や市町村などの自治体でも開催されるケースがあります。
自治体によるものは無料であることも多いです。
また、企業によっては講習費用をサポートしてくれることもありますので、確認してみるとよいでしょう。